ただいま家事ストライキ中につき

逃げたくないと言ったからには、向き合ってみようと思う。だから、家事をやってあげるのはやめた。

 

f:id:E4DC8A:20161129191256j:image

 

こう書くと誤解されるだろうなと思うけれど、実際やってあげるのはやめた。家事をやらないわけではなく、“彼のために“と思ってやっていた、わたしが本当はやりたくないことを我慢してやるのはやめた。だから部屋には洗ってない皿や服が積み上がり、ほこりが少し床に落ちている。少し嫌だけど、実験のつもりでそのままにしてみる。

 

どうしても嫌なら、自分の分のついでにやる。でもそれは、自分がやりたくてやるものなのでいつもよりはりきってやる。

お弁当も自分の分だけ(余ったおかず、食べたかったら食べてもいいよ)、お風呂も自分のために沸かして(湯船に残したお湯、入りたかったら入ってもいいよ)、そんなことをしてたらいつの間にか鼻歌を歌っていた。丁寧に磨きあげたグラスはピカピカで気持ちがいい。だけど洗濯機の前の洋服の山は見ないふりだ。それもそれでいい。

 

たしかに、ぷんぷんと不満げに家事をするより、多少手抜きでもごきげんで家事をやれているほうが家事を“やってあげる“という気持ちにならず、お互いに気持ちよく過ごせている。同居人にとっては、家事がたまることより、帰ったら不機嫌なわたしに怒られるほうがよっぽど嫌なことだったろう。

 

今まで、悪いことしたかなとちょっと反省している。さあ、なにか変わるかな。